IBL ニュース

製品関連 ニュース

製品関連2017/07/20
LPL/HTGL 活性測定キット新発売!
201703301612_1.jpgLipoprotein Lipase (LPL) および脂質分解酵素である HTGL (hepatic triacylglycerol lipase / hepatic triglyceride lipase)の活性を測定するキットを発売しました。

#27185 LPL/HTGL Activity Assay Kit - IBL (コントロールセットなし)
#27264 LPL/HTGL Activity Control Plus Kit-IBL (コントロールセット同梱)

201703301623_1-300x0.png

Lipoprotein Lipase (LPL) とは

LPLとは、血中のカイロミクロン(CM)、超低比重リポタンパク質(VLDL)などのトリグリセライド(TG)リッチリポタンパク質の代謝に関与する酵素です。分泌されたLPLは、主に毛細血管内皮細胞表面でヘパラン硫酸に結合した状態で働くと考えられており、CMやVLDL中のTGをグリセロールと脂肪酸に加水分解します。このことから、LPLの欠損症や活性低下は高TG血症の成因の一つと考えられています。

HTGL (hepatic triacylglycerol lipase / hepatic triglyceride lipase)とは
脂質分解酵素であるHTGL (hepatic triacylglycerol lipase / hepatic triglyceride lipase)は、肝性リパーゼ (HL) とも呼ばれる分泌型の糖タンパク質です。HTGLはトリグリセリド(TG) や、カイロミクロンレムナント、中間比重リポタンパク質 (IDL)、高比重リポタンパク質 (HDL) 中のリン脂質を加水分解する脂質分解酵素として、リポタンパク質の代謝において重要な役割を果たしています。HTGL欠損症では、高コレステロール血症や高トリグリセリド血症を呈し、β-超低比重リポタンパク質 (VLDL)、カイロミクロンレムナント、IDL、TG-豊富な低比重リポタンパク質 (LDL)、HDL等の蓄積がみられると報告されています。

皆様の研究活動にお役立て頂ければ幸いです。

Lipase関連Assay Kitsのご紹介
検査サービスはこちら
製品検索はこちら

お気軽にお問合せください。
お問合せはこちら

株式会社免疫生物研究所
診断・試薬事業部
販売サポート
TEL: 0274-50-8666
Email: do-ibl@ibl-japan.co.jp