製品検索

#18951 Anti-Mouse/Rat Flotillin-1 (C) Rabbit IgG Affinity Purify

  • WB
  • ヒト 大脳
  • 3775_ext_08_0_S.jpg
  • 3775_ext_08_1_S.jpg
使用用途:
研究用試薬
アプリケーション:
WB, IHC
容量1:
100 μg
価格1:
58,000円
容量2:
10 μg
価格2:
15,000円
アプリケーション略称の説明
WB:ウェスタン・ブロッティング
IHC:免疫組織化学

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。

製品概要

製品コード 18951
製品名 Anti-Mouse/Rat Flotillin-1 (C) Rabbit IgG Affinity Purify
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
アプリケーション WB, IHC
検出対象 マウス, ラット
免疫抗原 Mouse, Rat Flotillin-1共通部分のC端部分合成ペプチド (SQVNHNKPLRTA)
精製方法 抗原ペプチドによる特異精製
特異性 マウス、ラットおよびヒトのFlotillin-1と反応(ウエスタン・ブロッティングおよび免疫組織染色にて確認)
包装形態 1 % BSA、0.05 % NaN3含有PBS 1.0 mLに溶解したものを凍結乾燥
保管 2~8℃
毒物劇物 該当
カルタヘナ 非該当
容量1 100 μg
価格1 58,000円
容量2 10 μg
価格2 15,000円
備考1 商業製品の原料としてお求めの場合、当社の許可が必要となります。

製品説明

ラフトはスフィンゴ糖脂質とコレステロールに富み、タンパク質のソーティングに関与する膜ドメインとして提唱され、多くのシグナル伝達分子が会合していることが知られています。ラフトは細胞膜上を絶えず動き、形も大きさも絶えず変化するため実体が捉えにくく、もうひとつの膜のマイクロドメインであるカベオラとは異なり、形態的に区別することは困難です。このため、ラフトを同定するためにはラフト特有のマーカーが必要でした。Flotillinはラフトの構成成分であり、ラフトのマーカーとしての可能性が示唆されています。

参考文献