製品検索

#27700 GLP-1, Active form (High sensitivity) Assay Kit - IBL

  • 4614_ext_08_4_L.jpg
  • 4614_ext_08_0_L.png
  • 4614_ext_08_1_L.png
  • 4614_ext_08_2_L.png
  • 4614_ext_08_3_L.png
  • 4614_ext_08_4_S.jpg
  • 4614_ext_08_0_S.png
  • 4614_ext_08_1_S.png
  • 4614_ext_08_2_S.png
  • 4614_ext_08_3_S.png
使用用途:
研究用試薬
測定方法:
ELISA
測定対象:
ヒト, マウス, ラット
対象検体:
EDTA血漿、培養上清
測定範囲:
0.25 ~ 16 pmol/L
容量1:
96 Well
価格1:
70,000円

製品概要

製品コード 27700
製品名 GLP-1, Active form (High sensitivity) Assay Kit - IBL
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
測定方法 ELISA
標識 HRP
測定対象 ヒト, マウス, ラット
対象検体 EDTA血漿、培養上清
測定範囲 0.25 ~ 16 pmol/L
一次反応 2 ~ 8°C Overnight
ニ次反応 2 ~ 8°C 60分間
感度 0.09 pmol/L
特異性 GLP-1 (7-36) amide 100%
GLP-1 (7-37)100%
GLP-1(1-37)0.04%
GLP-1(9-36) amide 0.02%
Glucagon N.D.
Human GLP-2 N.D.
Human GIP(1-42) N.D.
Human GIP(3-42) <0.01%
Mouse GIP(1-42) N.D.
Rat GIP(1-42) N.D.
保管 2~8°C
測定サービス あり
容量1 96 Well
価格1 70,000円
備考1 *検体採取の際は DPP4 阻害剤を添加するか、GLP-1 専用の採取容器を使用してください。

製品説明

GLP-1(Glucagon Like Peptide-1)は、Glucagonと同じくProglucagon遺伝子の転写産物で、小腸下部L細胞から分泌される消化管ホルモンのひとつです。GLP-1(7-36) amideおよびGLP-1(7-37)が活性型とされており、これらのタンパク質は血中でDPP4(dipeptidyl peptidase-4)により短時間のうちに分解され、GLP-1(9-36)amideおよびGLP-1(9-37)となり活性を失います。GLP-1はGIP(Glucose-dependent Insulinotropic Polypeptide )とともにインクレチンとして知られ、血糖依存的に膵ランゲルハンス島β細胞からのインスリン分泌を促します。また、GLP-1は膵α細胞からのグルカゴン分泌を抑制し、食後の血中グルコース濃度の上昇を抑えます。これらの膵臓を介した血糖調節機能に加え、胃内容物排泄遅延や、食欲抑制などの膵外作用により体重を減少させることから、GLP-1の作用機序を利用した2型糖尿病治療薬が開発されてきました。このELISAキットは、活性型GLP-1(GLP-1(7-36) amideとGLP-1(7-37))を特異的に測定することができます。


Keywords:
GIP / GLP-1 / Insulin / Incretin

よくある質問FAQ

  • 質問
    Q.DPP阻害剤の条件を教えてください。
  • 回答
    A.GLP-1 active formの測定には、DPP4阻害剤入りの採血管で採血したEDTA血漿が対象となります。BD™ P800 GLP-1, GIP, Glucagon, Ghrelin保存用真空採血管をご使用いただくか、DPP4 inhibitorを用いて、活性をブロックしてから測定する必要があります。DPP阻害剤の量は、血液1mLに対し10uL、あるいは血漿1mLに対し20uL です。
  • 質問
    Q.キットの希釈用緩衝液の組成は同じですか。混ぜて使用しても良いですか。
  • 回答
    A.違います。Kitの部品は、基本そのKitで使用してください。また、混ぜて使用することはできません。
  • 質問
    Q.濃縮洗浄液の組成を教えてください。
  • 回答
    A.一般的なTweenとリン酸Buffer⇒0.05%Tween-20 in PB です。
  • 質問
    Q.使用プレートの特徴を教えてください。
  • 回答
    A.平底で分割可能なストリップタイプ (8ウェル x 12ストリップ)を使用してます。
  • 質問
    Q.溶解後の標準物質は再利用可能ですか。
  • 回答
    A.推奨しません。溶解後後は速やかに使用してください。
  • 質問
    Q.試薬ブランクと検体ブランクの違いは何ですか。
  • 回答
    A.試薬ブランクは、EIA緩衝液のみ添加します。洗浄不足等による値への影響を確認するため設定してます。検体ブランクは、EIA緩衝液とHRP抗体を添加します。バックグラウンドの算出が目的です。
  • 質問
    Q.キットで何検体の測定が可能ですか。
  • 回答
    A.キットに同梱されている固相抗体は96 wells plateです。スタンダードで16 wells (2 slits) 使用し、80 wells (10 slits) を2重測定することを推奨します。よって最大40検体測定可能です。