IBL ニュース

製品関連 ニュース

製品関連2019/11/07
Tauタンパク、pTauタンパク 新発売!
下記、体外診断用医薬品をリリース致しました。
#50161 Tauタンパク-IBL
#50162 Tauタンパク-IBL用標準品・コントロールセット
#50171  pTauタンパク-IBL
#50172 pTauタンパク-IBL用標準品・コントロールセット

【Tauタンパクについて】
神経軸索に存在する分子量約 5万の微小管結合蛋白質であり、正常なリン酸化を受けることで微小管の重合や安定化に関与しています。このTauタンパクは異常なリン酸化を受けることでアルツハイマー病などの神経変性疾患の原因となると考えられています。

当社では、この度、脳脊髄液中のTauタンパク (総タウ蛋白・Total Tau) および181位リン酸化Tauタンパク (pTau T181 Tau)を特異的に測定できる ELISAキットを体外診断用医薬品として製品化致しました。 

【特長】
1. 特異性の⾼いモノクローナル抗体を使用しています。
2. ⾼い感度を有します。
3. 簡便な操作で、良好な再現性が得られます。
4. 共存物質の影響を受けません。
 

お気軽にお問合せください。
お問合せはこちら


株式会社免疫生物研究所
診断・試薬事業本部
営業部
TEL: 0274-50-8666
Email: do-ibl@ibl-japan.co.jp