製品検索

#28019 Anti-Human LRRK2 Rabbit IgG Affinity Purify

  • WB
使用用途:
研究用試薬
アプリケーション:
WB
容量1:
100 μg
価格1:
58,000円
容量2:
10 μg
価格2:
15,000円
アプリケーション略称の説明
WB:ウェスタン・ブロッティング

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品概要

製品コード 28019
製品名 Anti-Human LRRK2 Rabbit IgG Affinity Purify
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
アプリケーション WB
検出対象 ヒト
免疫抗原 Human LRRK2のC末端部分合成ペプチド (HIEVRKELAEKMRRTSVE)
精製方法 抗原ペプチドによる特異精製
包装形態 1% BSA、0.05% NaN3含有PBS 1.0 mLに溶解したものを凍結乾燥
保管 2~8℃
毒物劇物 該当
カルタヘナ 非該当
容量1 100 μg
価格1 58,000円
容量2 10 μg
価格2 15,000円
備考1 商業製品の原料としてお求めの場合、当社の許可が必要となります。尚、本製品は、第三者の権利により、ドイツ、フランス、英国およびオーストラリアには販売することができません。

製品説明

製品説明

パーキンソン病は最も一般的な神経変性疾患のひとつであり、進行性のドーパミン作動性神経細胞の減少により特徴づけられます。Leucine-rich repeat kinase 2 (LRRK2) は常染色体優性遺伝パーキンソン病の原因遺伝子のひとつです。LRRK2 遺伝子は2,527アミノ酸、約280kDaのタンパク質をコードしており、Leucine-rich repeat, Roc (Ras of complex proteins), COR (C-terminal of Roc), MAPKKK (mitogen-activated protein kinase kinase kinase) およびWD40ドメインを有しています。最近の研究から、LRRK2タンパク質にはキナーゼ活性があり、LRRK2 遺伝子の変異によりそのキナーゼ活性が上昇することが報告されました。さらに、LRRK2 遺伝子変異によるキナーゼ活性の上昇が神経毒性を誘導することも示されました。しかしながら、LRRK2タンパク質の機能については不明な点が多く、また、パーキンソン病発症機序における役割もわかっていません。

参考文献

参考文献