製品検索

#27267 Human GPIHBP1 Autoantibody Assay Kit - IBL

  • #27267 Human GPIHBP1 Autoantibody ELISA Kit
  • #27267 Human GPIHBP1 Autoantibody ELISA Kit
  • #27267 Human GPIHBP1 Autoantibody ELISA Kit
使用用途:
研究用試薬
測定方法:
ELISA
測定対象:
ヒト
対象検体:
血清, EDTA 血漿, ヘパリン血漿, ポストヘパリンEDTA-血漿
測定範囲:
0.008 ~ 0.500 U/mL
容量1:
96 Well
価格1:
120,000円

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品概要

製品コード 27267
製品名 Human GPIHBP1 Autoantibody Assay Kit - IBL
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
測定方法 ELISA
標識 HRP
測定対象 ヒト
対象検体 血清, EDTA 血漿, ヘパリン血漿, ポストヘパリンEDTA-血漿
測定範囲 0.008 ~ 0.500 U/mL
一次反応 25℃ 60分間
ニ次反応 25℃ 30分間
感度 0.001 U/mL
保管 2 ~ 8 ℃
毒物劇物 非該当
カルタヘナ 非該当
測定サービス あり
容量1 96 Well
価格1 120,000円

製品説明

製品説明

GPIHBP1 (Glycosylphosphatidylinositol anchored high density lipoprotein binding protein 1)は糖脂質により修飾を受けたアンカー蛋白で、毛細血管内皮細胞膜上に存在し、TG-rich リポ蛋白(中性脂肪)の代謝に関与していることが知られています。

GPIHBP1は、脂肪細胞や骨格筋細胞で合成・分泌されたリポタンパク質リパーゼ(LPL)をトランスサイトーシスにより血管内腔側へ運び、LPLを内皮細胞表面に繋留することで、TG-rich リポタンパク質代謝の重要な役割を担っています。

GPIHBP1遺伝子変異が1型高脂血症(高カイロミクロン血症)の原因となることは知られておりますが、新たな疾患単位としてGPIHBP1に対する自己抗体の存在について、米国科学誌「The New England Journal of Medicine (NEJM)」へ下記新しい知見が掲載されました。

Beigneux AP, Miyashita K, Ploug M, et al. Autoantibodies against GPIHBP1 as a Cause of Hypertriglyceridemia. N Engl J Med. 2017;376(17):1647-1658. doi:10.1056/NEJMoa1611930

本新しい知見によると、GPIHBP1に対する自己抗体がGPIHBP1とLPLの結合に干渉し、GPIHBP1によるLPLの輸送を阻害します。その結果、遺伝子変異例と同様に重篤な高カイロミクロン血症を呈すとあります。

本キットは、血清、EDTA-血漿中に存在するGPIHBP1自己抗体を測定する事ができます。

References (Not listed at PubMed)
A Woman With Hypertriglyceridemia Who Acquired Antibody Against GPIHBP1. Hirano et al. JACC: CASE REPORTS



 

よくある質問FAQ

よくある質問FAQ

  • 質問
    Q.キットの希釈用緩衝液の組成は同じですか。混ぜて使用しても良いですか。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.違います。Kitの部品は、基本そのKitで使用してください。また、混ぜて使用することはできません。
  • 質問
    Q.濃縮洗浄液の組成を教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.一般的なTweenとリン酸Buffer⇒0.05%Tween-20 in PB です。
  • 質問
    Q.使用プレートの特徴を教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.平底で分割可能なストリップタイプ (8ウェル x 12ストリップ)を使用してます。
  • 質問
    Q.溶解後の標準物質は再利用可能ですか。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.推奨しません。溶解後は速やかに使用してください。
    ※ただし、製品によっては溶解後の標準物質を凍結保存し、
    1回のみ再使用可能です。データシートをご確認下さい。
  • 質問
    Q.試薬ブランクと検体ブランクの違いは何ですか。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.試薬ブランクは、EIA緩衝液のみ添加します。洗浄不足等による値への影響を確認するため設定してます。検体ブランクは、EIA緩衝液とHRP抗体を添加します。バックグラウンドの算出が目的です。
  • 質問
    Q.キットで何検体の測定が可能ですか。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.キットに同梱されている固相抗体は96 wells plateです。スタンダードで16 wells (2 slits) 使用し、80 wells (10 slits) を2重測定することを推奨します。よって最大40検体測定可能です。
  • 質問
    Q.LOD (limit of Detection)について教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.NCCSL法にて算出した感度です。能書をご参照ください。
  • 質問
    Q.LOQ (Limit of Quantification)について教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.スタンダード測定範囲の下限値がLOQです。能書をご参照ください。
  • 質問
    Q.反応時間Over Night (O/N)の定義について教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.各ELISA製品の能書上に特別記載がない限り、反応には16時間以上を要します。
  • 質問
    Q.ELISA製品リリースの品質規格について教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.品質規格については、各ELISA製品ロット毎のCoAに記載されておりますのでご照会ください。