製品検索

#27180 Human Serum HTGL Assay Kit - IBL

  • 27180 Human Serum HTGL ELISA Kit
  • 27180 Human Serum HTGL ELISA Kit
  • 27180 Human Serum HTGL ELISA Kit
  • 27180 Human Serum HTGL ELISA Kit
  • 27180 Human Serum HTGL ELISA Kit
  • 4835_ext_08_0_S.jpg
  • 4835_ext_08_1_S.jpg
  • 4835_ext_08_2_S.jpg
  • 4835_ext_08_3_S.jpg
  • 4835_ext_08_4_S.jpg
使用用途:
研究用試薬
測定方法:
ELISA
測定対象:
ヒト
対象検体:
血清, EDTA-血漿, ポストヘパリン血漿
測定範囲:
0.08 ~ 5 ng/mL
容量1:
96 Well
価格1:
98,000円

製品概要

製品コード 27180
製品名 Human Serum HTGL Assay Kit - IBL
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
測定方法 ELISA
標識 HRP
測定対象 ヒト
対象検体 血清, EDTA-血漿, ポストヘパリン血漿
測定範囲 0.08 ~ 5 ng/mL
一次反応 2 ~ 8℃ Overnight
ニ次反応 2 ~ 8℃ 30分間
感度 0.01 ng/mL
特異性 測定物質 交差率
Human LPL  ≦ 0.1 %
Human EL  ≦ 0.1 %
保管 2 ~ 8 ℃
毒物劇物 非該当
カルタヘナ 非該当
測定サービス あり
容量1 96 Well
価格1 98,000円

製品説明

脂質分解酵素であるHTGL (hepatic triacylglycerol lipase / hepatic triglyceride lipase)は肝性リパーゼ (HL) とも呼ばれる分泌型の糖タンパク質です。HTGLはトリグリセリド(TG) や、カイロミクロンレムナント、中間比重リポタンパク質 (IDL)、高比重リポタンパク質 (HDL) 中のリン脂質を加水分解する脂質分解酵素として、リポタンパク質の代謝において重要な役割を果たしています。HTGL欠損症では、高コレステロール血症や高トリグリセリド血症を呈し、β-超低比重リポタンパク質 (VLDL)、カイロミクロンレムナント、IDL、TG-豊富な低比重リポタンパク質 (LDL)、HDL等の蓄積がみられると報告されています。また、HTGLは肝細胞によって合成され、肝臓の洞様毛細血管表面のヘパラン硫酸プロテオグリカンに結合しています。従来の血中HTGLの測定には、リポプロテインリパーゼ(LPL) 同様、ヘパリンを静注投与した後の血漿 (postheparin plasma) が用いられています。これは、ヘパリンによって血管内皮細胞表面に結合したリパーゼが毛細血管床から速やかに血中へ放出されるからです。本キットでは、従来必要とされてきたヘパリン投与の有無にかかわらず、血清、血漿中の全HTGLを測定する事ができます。

 

よくある質問FAQ

  • 質問
    Q.キットの希釈用緩衝液の組成は同じですか。混ぜて使用しても良いですか。
  • 回答
    A.違います。Kitの部品は、基本そのKitで使用してください。また、混ぜて使用することはできません。
  • 質問
    Q.濃縮洗浄液の組成を教えてください。
  • 回答
    A.一般的なTweenとリン酸Buffer⇒0.05%Tween-20 in PB です。
  • 質問
    Q.使用プレートの特徴を教えてください。
  • 回答
    A.平底で分割可能なストリップタイプ (8ウェル x 12ストリップ)を使用してます。
  • 質問
    Q.溶解後の標準物質は再利用可能ですか。
  • 回答
    A.推奨しません。溶解後後は速やかに使用してください。
  • 質問
    Q.試薬ブランクと検体ブランクの違いは何ですか。
  • 回答
    A.試薬ブランクは、EIA緩衝液のみ添加します。洗浄不足等による値への影響を確認するため設定してます。検体ブランクは、EIA緩衝液とHRP抗体を添加します。バックグラウンドの算出が目的です。
  • 質問
    Q.キットで何検体の測定が可能ですか。
  • 回答
    A.キットに同梱されている固相抗体は96 wells plateです。スタンダードで16 wells (2 slits) 使用し、80 wells (10 slits) を2重測定することを推奨します。よって最大40検体測定可能です。