製品検索

#18505 Anti-Human c-MPL-P (M617) Rabbit IgG Affinity Purify

  • WB
使用用途:
研究用試薬
アプリケーション:
WB, IP
容量1:
100 μg
価格1:
58,000円
容量2:
25 μg
価格2:
20,000円
アプリケーション略称の説明
WB:ウェスタン・ブロッティング
IP:免疫沈降

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品概要

製品コード 18505
製品名 Anti-Human c-MPL-P (M617) Rabbit IgG Affinity Purify
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
アプリケーション WB, IP
検出対象 ヒト
免疫抗原 Human c-MPL-PのC端部分合成ペプチド
精製方法 抗原ペプチドによる特異精製
特異性 UT-7/TPOにて確認
包装形態 1 % BSA、0.05 % NaN3含有PBS 1.0 mLに溶解したものを凍結乾燥
保管 2~8℃
毒物劇物 該当
カルタヘナ 非該当
容量1 100 μg
価格1 58,000円
容量2 25 μg
価格2 20,000円
備考1 商業製品の原料としてお求めの場合、当社の許可が必要となります。

製品説明

製品説明

c-mplがん原遺伝子は、最初骨髄増殖性白血病ウイルス(MPLV)のウイルスにあるがん遺伝子v-mplの細胞ホモログとして同定されました。 しかし、サイトカイン受容体スーパーファミリーとの相同性から、c-mpl遺伝子は何らかのサイトカインの受容体をコードしていると予測されました。 c-mplに対するアンチセンスオリゴマーは、選択的に巨核球のコロニー形成を抑制しました。さらにc-mpl欠損マウスでは、脾臓と骨髄で血小板と巨核球の循環数が選択的に激減します。 これらのことから、c-MPLのリガンドはthrombopoietin (TPO)であると考えられています。 いくつかのグループは、c-MPLリガンドとしてTPOを精製し、実際に生体内外での研究で、リコンビナントTPOが単独で巨核球前駆細胞の増殖・分化と巨核球の成熟に寄与することを示しました。 また、c-mplの選択的スプライシングにより、c-MPL-P (wild type)とc-MPL-K (truncated)の二つのアイソフォームがあります。