製品検索

#10403 Anti-Mouse c-MPL/TPOR (AMM2) Rat IgG MoAb Biotin

使用用途:
研究用試薬
アプリケーション:
WB, IP, FCM
容量1:
50 μg
価格1:
58,000円
容量2:
5 μg
価格2:
15,000円
アプリケーション略称の説明
WB:ウェスタン・ブロッティング
IP:免疫沈降
FCM:フローサイトメトリー

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品概要

製品コード 10403
製品名 Anti-Mouse c-MPL/TPOR (AMM2) Rat IgG MoAb Biotin
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
アプリケーション WB, IP, FCM
検出対象 マウス
免疫抗原 マウスc-MPLの細胞外ドメインのリコンビナントタンパク質
起源 マウス×ラット ハイブリドーマ (P3X63-Ag.8.653 × Wistarラット脾臓細胞)
クローン名 AMM2
サブクラス IgG1
精製方法 Protein Gによる精製
特異性 マウスのc-MPL/TPORと反応します。
包装形態 1 % BSA, 0.05 % NaN3含有PBS 1.0 mLに溶解したものを凍結乾燥
保管 2~8℃
毒物劇物 該当
カルタヘナ 非該当
容量1 50 μg
価格1 58,000円
容量2 5 μg
価格2 15,000円
備考1 商業製品の原料としてお求めの場合、当社の許可が必要となります。

製品説明

製品説明

c-MPL (Myeloproliferative leukemia protein) やCD110などとも呼ばれる TPOR (Thrombopoietin receptor) は、血小板を産生する巨核球の分化・増殖作用を有するトロンボポエチンの受容体です。またTPORは、造血幹細胞(赤血球、白血球、巨核球などに分化する骨髄中の幹細胞) の維持への関与も示唆されています。この受容体はトロンボポエチンが結合することで活性化し、JAK/STATなどのシグナル経路が刺激されることにより、細胞外部からの信号を細胞の核へ伝達します。 本製品は、ビオチンを標識した抗体です。

よくある質問FAQ

よくある質問FAQ

  • 質問
    Q.どのようにビオチン化していますか。
  • 回答
    A.NHS-LC-ビオチンを使用してビオチン化しています。
  • 質問
    Q.サブクラスおよび軽鎖は何ですか?
  • 回答
    A.サブクラスはRat IgG1です。軽鎖はlambdaです。