製品検索

#27770 Rat LRG Assay Kit - IBL【受注生産品】

  • 27770 Rat LRG ELISA Kit
使用用途:
研究用試薬
測定方法:
ELISA
測定対象:
ラット
対象検体:
EDTA-血漿, 血清, 尿, 培養上清
測定範囲:
6.25 ~ 400 ng/mL
容量1:
96 Well
価格1:
150,000円 (※納期ご照会)

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品概要

製品コード 27770
製品名 Rat LRG Assay Kit - IBL【受注生産品】
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
測定方法 ELISA
標識 HRP
測定対象 ラット
対象検体 EDTA-血漿, 血清, 尿, 培養上清
測定範囲 6.25 ~ 400 ng/mL
一次反応 37℃ 90分間
ニ次反応 2 ~ 8℃ 30分間
感度 1.68 ng/mL
保管 2 ~ 8 ℃
毒物劇物 非該当
カルタヘナ 非該当
測定サービス なし
容量1 96 Well
価格1 150,000円 (※納期ご照会)

製品説明

製品説明

ロイシンリッチアルファ2-グリコプロテイン(LRG)は、ロイシン豊富な反復ドメインを有するファミリータンパク質の1つです。 LRGは、タンパク質-タンパク質の相互作用、情報伝達、および細胞の接着や進展にかかわると報告されています。 近年、関節リウマチ(RA)患者において血清のLRGレベルが健常対照者と比べて有意に上昇し、また抗TNF治療後には減少したと報告されました。また別の報告では、iNPH(特発性正常圧水頭症)患者の脳脊髄液におけるLRGレベルが、対照群と比較して著しく上昇しており、アルツハイマー病様症状を示す疾患からiNPHを鑑別することが可能であるとされています。 本ELISAキットはラットLRGを測定するキットです。

本製品はコントロールセット別売り可能製品です。詳細はこちら

参考文献

参考文献

よくある質問FAQ

よくある質問FAQ

  • 質問
    Q.キットの希釈用緩衝液の組成は同じですか。混ぜて使用しても良いですか。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.違います。Kitの部品は、基本そのKitで使用してください。また、混ぜて使用することはできません。
  • 質問
    Q.濃縮洗浄液の組成を教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.一般的なTweenとリン酸Buffer⇒0.05%Tween-20 in PB です。
  • 質問
    Q.使用プレートの特徴を教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.平底で分割可能なストリップタイプ (8ウェル x 12ストリップ)を使用してます。
  • 質問
    Q.溶解後の標準物質は再利用可能ですか。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.推奨しません。溶解後は速やかに使用してください。
    ※ただし、製品によっては溶解後の標準物質を凍結保存し、
    1回のみ再使用可能です。データシートをご確認下さい。
  • 質問
    Q.試薬ブランクと検体ブランクの違いは何ですか。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.試薬ブランクは、EIA緩衝液のみ添加します。洗浄不足等による値への影響を確認するため設定してます。検体ブランクは、EIA緩衝液とHRP抗体を添加します。バックグラウンドの算出が目的です。
  • 質問
    Q.キットで何検体の測定が可能ですか。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.キットに同梱されている固相抗体は96 wells plateです。スタンダードで16 wells (2 slits) 使用し、80 wells (10 slits) を2重測定することを推奨します。よって最大40検体測定可能です。
  • 質問
    Q.LOD (limit of Detection)について教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.NCCSL法にて算出した感度です。能書をご参照ください。
  • 質問
    Q.LOQ (Limit of Quantification)について教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.スタンダード測定範囲の下限値がLOQです。能書をご参照ください。