製品検索

#27798 Human LRG (Mono) ELISA Kit - IBL

  • Human LRG (Mono) ELISA Kit
使用用途:
研究用試薬
測定方法:
ELISA
測定対象:
ヒト
対象検体:
ヒトの血清およびEDTA血漿 (※別途希釈液の購入が必要になる場合もございます。詳細はデータシートにてご確認ください。)
測定範囲:
1 ~ 64 ng/mL
容量1:
96 Well
価格1:
108,000円

※ 診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品概要

製品コード 27798
製品名 Human LRG (Mono) ELISA Kit - IBL
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途: 研究用試薬
測定方法 ELISA
標識 HRP
測定対象 ヒト
対象検体 ヒトの血清およびEDTA血漿 (※別途希釈液の購入が必要になる場合もございます。詳細はデータシートにてご確認ください。)
測定範囲 1 ~ 64 ng/mL
一次反応 37℃ 60分間
ニ次反応 2 ~ 8℃ 30分間
感度 0.06 ng/mL
特異性 ヒトの血清およびEDTA-血漿中のHuman LRGを特異的に検出します。
保管 2 ~ 8 ℃
毒物劇物 非該当
カルタヘナ 非該当
測定サービス なし
容量1 96 Well
価格1 108,000円
備考1 ※キット添付の希釈用緩衝液で足りない場合は、別途希釈液の購入が必要になる場合もございます。詳細はデータシートにてご確認ください。

本製品は、Human LRG(Mono)測定キット用の希釈用緩衝液です。注:試薬の組成が異なりますので、Mouse, Rat のキットには使用しないでください。


製品コード: 27798D100
製品名: Human LRG (Mono) EIA buffer 100
容量: 100 mL
価格: 17,000 円

製品説明

製品説明

ロイシンリッチアルファ2-グリコプロテイン (LRG) は、ロイシン豊富な反復ドメインを有するファミリータンパク質の1つです。 LRGは、タンパク質-タンパク質相互作用、情報伝達、および細胞の接着や進展にかかわると報告されています。 最近、血清のLRGレベルが健常対照者と比べて関節リウマチ (RA) 患者で有意に上昇し、また抗TNF治療後には減少したと報告されました。 またその他の炎症疾患において血清中LRGのレベルが健常対照者と比べて上昇するという報告があり、様々な炎症性疾患を対象にLRGの炎症マーカーとしての可能性が期待されています。

 

本ELISAキットは現行品との間で有意に相関しています。また現行品と比較して測定時間が短縮され、かつ高感度になっています。※現行品は在庫限りで販売終了いたします。

よくある質問FAQ

よくある質問FAQ

  • 質問
    Q.標準物質の発現系は何ですか?
  • 回答
    A.リコンビナントタンパクの発現系ですが、CHO細胞をもちいた発現系を利用しています。
  • 質問
    Q.血清の推奨の希釈倍率は何ですか?
  • 回答
    A.適切な希釈倍率は環境により異なりますので一概に言えませんが、当社では測定する場合、5,000倍希釈です。
  • 質問
    Q.固相抗体の認識部位はどこですか?
  • 回答
    A.リコンビナントタンパク抗原をもちいた抗体です。エピトープは確認しておりません。
  • 質問
    Q.標識抗体の認識部位はどこですか?
  • 回答
    A.リコンビナントタンパク抗原をもちいた抗体です。エピトープは確認しておりません。
  • 質問
    Q.健常人検体の測定例、再現性のデータはありますか。
  • 回答
    A.下記、該当製品ページに掲載しております。こちらのパンフレット2をご参照ください。
    http://www.ibl-japan.co.jp/search/product/detail/id=5671
  • 質問
    Q.本キットはLRG1 を特異的に測定しますか、あるいは他のLRGファミリーも合わせて測定しますか。
  • 回答
    A.LRG-1のキットで実際に他のLRGファミリーの交差を確認しておりません。
  • 質問
    Q.キットの希釈用緩衝液の組成は同じですか。混ぜて使用しても良いですか。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.違います。Kitの部品は、基本そのKitで使用してください。また、混ぜて使用することはできません。
  • 質問
    Q.濃縮洗浄液の組成を教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.一般的なTweenとリン酸Buffer⇒0.05%Tween-20 in PB です。
  • 質問
    Q.使用プレートの特徴を教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.平底で分割可能なストリップタイプ (8ウェル x 12ストリップ)を使用してます。
  • 質問
    Q.溶解後の標準物質は再利用可能ですか。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.推奨しません。溶解後は速やかに使用してください。
    ※ただし、製品によっては溶解後の標準物質を凍結保存し、
    1回のみ再使用可能です。データシートをご確認下さい。
  • 質問
    Q.試薬ブランクと検体ブランクの違いは何ですか。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.試薬ブランクは、EIA緩衝液のみ添加します。洗浄不足等による値への影響を確認するため設定してます。検体ブランクは、EIA緩衝液とHRP抗体を添加します。バックグラウンドの算出が目的です。
  • 質問
    Q.キットで何検体の測定が可能ですか。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.キットに同梱されている固相抗体は96 wells plateです。スタンダードで16 wells (2 slits) 使用し、80 wells (10 slits) を2重測定することを推奨します。よって最大40検体測定可能です。
  • 質問
    Q.LOD (limit of Detection)について教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.NCCSL法にて算出した感度です。能書をご参照ください。
  • 質問
    Q.LOQ (Limit of Quantification)について教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.スタンダード測定範囲の下限値がLOQです。能書をご参照ください。
  • 質問
    Q.反応時間Over Night (O/N)の定義について教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.各ELISA製品の能書上に特別記載がない限り、反応には16時間以上を要します。
  • 質問
    Q.ELISA製品リリースの品質規格について教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.品質規格については、各ELISA製品ロット毎のCoAに記載されておりますのでご照会ください。
  • 質問
    Q.プレートストリップの端に付番されている番号(例:432143214321)は何ですか。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.プレートメーカー(ThermoFisher)に確認したところ、金型の番号であり、番号の順番に特別な意味はありません。
  • 質問
    Q.ELISAプレートの洗浄方法を教えてください。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.自動洗浄機での洗浄を推奨します。
    洗浄瓶による洗浄の場合こちらの動画をご参照ください。
  • 質問
    Q.キットで試験中にウェルが黒くなってしまった。
    ELISA共通FAQ
  • 回答
    A.HRP標識抗体反応後の洗浄工程で洗浄不足だった可能性があります。
    必ず350μL以上の洗浄液でデータシートの記載回数の洗浄を行うようにしてください。