製品検索

#10347 Anti-Human KDR (23B31) Mouse IgG MoAb

  • NT
  • WB
  • 免疫沈降法
  • FACS
使用用途:
研究用試薬
アプリケーション:
WB, IP, FCM
容量1:
100 μg
価格1:
58,000円
容量2:
10 μg
価格2:
15,000円
アプリケーション略称の説明
WB:ウェスタン・ブロッティング
IP:免疫沈降
FCM:フローサイトメトリー

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品概要

製品コード 10347
製品名 Anti-Human KDR (23B31) Mouse IgG MoAb
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
アプリケーション WB, IP, FCM
検出対象 ヒト
免疫抗原 Human KDRの細胞外領域のリコンビナントタンパク質
起源 マウス×マウス ハイブリドーマ (培養上清) (X63 - Ag 8.653 × BALB/cマウス脾臓細胞)
クローン名 23B31
サブクラス IgG1
精製方法 Protein Aによる特異精製
特異性 HUVECを用いたウェスタン・ブロッティングにて確認
包装形態 1 % BSA,0.05 % NaN3含有PBS 1.0 mLに溶解したものを凍結乾燥
保管 2~8℃
毒物劇物 該当
カルタヘナ 非該当
容量1 100 μg
価格1 58,000円
容量2 10 μg
価格2 15,000円
備考1 商業製品の原料としてお求めの場合、当社の許可が必要となります。

製品説明

製品説明

KDR(2型受容体)はFlk-1ともよばれ、血管新生およびリンパ管新生の主要な促進因子であるVEGFの受容体の一つです。この受容体としては他にFlt-1 (1型受容体)が知られており、特にヒト血管内皮細胞のシグナル伝達において重要な機能を担っていると考えられています。Flt-1とKDR/Flk-1はVEGFと結合後、協調して血管内皮細胞を刺激していると考えられています。