製品検索

#18531 Anti-Human RON (G1385) Rabbit IgG Affinity Purify

  • WB
使用用途:
研究用試薬
アプリケーション:
WB, IP
容量1:
100 μg
価格1:
58,000円
容量2:
10 μg
価格2:
15,000円
アプリケーション略称の説明
WB:ウェスタン・ブロッティング
IP:免疫沈降

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品概要

製品コード 18531
製品名 Anti-Human RON (G1385) Rabbit IgG Affinity Purify
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
アプリケーション WB, IP
検出対象 ヒト
免疫抗原 Human RONのC端部分合成ペプチド
精製方法 抗原ペプチドによる特異精製
特異性 RON/BaF3 Transfectant細胞株*にて確認
*熊本大学 須田教授 (現、慶應義塾大学)より提供
包装形態 1 % BSA、0.05 % NaN3含有PBS 1.0 mLに溶解したものを凍結乾燥
保管 2~8℃
毒物劇物 該当
カルタヘナ 非該当
容量1 100 μg
価格1 58,000円
容量2 10 μg
価格2 15,000円
備考1 商業製品の原料としてお求めの場合、当社の許可が必要となります。

製品説明

製品説明

RON受容体型チロシンキナーゼはHGF受容体ファミリーのメンバーであり、c-Metと高いホモロジーを有しMacrophage-Stimulating Protein (MSP)の受容体として知られています。RONは結腸、皮膚、肺、骨髄、血液幹細胞、上皮系がん細胞株,顆粒球並びに単球などに発現しています。RONは、まず、185kDaのsingle chain precursorとして翻訳された後35kDaのα鎖と150kDaのβ鎖に切断され、S-S結合で会合したヘテロダイマーとして細胞表面に発現します。そのリガンドであるMSPは、HGFと高いホモロジーを有し、α鎖はヘアピンループドメインと4つのクリングルドメインから成り、β鎖にはセリンプロテアーゼドメインを有しています。主に肝臓で産生され、マクロファージに作用して補体成分に対する受容体を活性化することで、走化因子として働くことが明らかになっています。