製品検索

#10373 Anti-Mouse ALK (mAb 16-39) Rat IgG MoAb

使用用途:
研究用試薬
アプリケーション:
WB, IP
容量1:
100 μg
価格1:
58,000円
アプリケーション略称の説明
WB:ウェスタン・ブロッティング
IP:免疫沈降

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品概要

製品コード 10373
製品名 Anti-Mouse ALK (mAb 16-39) Rat IgG MoAb
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
アプリケーション WB, IP
検出対象 マウス
免疫抗原 Mouse ALK (細胞外ドメイン) のリコンビナントタンパク質
起源 ラット×マウス ハイブリドーマ (培養上清)
クローン名 mAb 16-39
サブクラス IgG2b
精製方法 Protein Gによる特異精製
特異性 マウス、ヒトのALKに反応
包装形態 1 % BSA, 0.05 % NaN3含有PBS 1.0 mLに溶解したものを凍結乾燥
保管 2~8℃
毒物劇物 該当
カルタヘナ 非該当
容量1 100 μg
価格1 58,000円
備考1 商業製品の原料としてお求めの場合、当社の許可が必要となります。

製品説明

製品説明

Anaplastic lymphoma kinase (ALK、未分化リンパ腫キナーゼ)は受容体型チロシンキナーゼの一種で、後期胎生期の中枢神経系や末梢神経系に発現しています。MotegiらはALK分子の細胞外領域を抗原としてアゴニストとなるモノクローナル抗体 (クローン mAb16-39) を作製しました。mAb16-39はヒト神経芽腫細胞株 (SK-N-SH) に発現しているALK分子のチロシンをリン酸化し、さらに、ALKと相互作用するIRS-1などのシグナル伝達分子のリン酸化も誘導します。また、本抗体との共培養によって、SK-N-SH細胞の細胞増殖刺激や神経突起伸長を促すことができます。