製品検索

#18985 Anti- α2, 6-Sialyltransferase (C) Rabbit IgG Affinity Purify

  • WB
使用用途:
研究用試薬
アプリケーション:
WB
容量1:
100 μg
価格1:
58,000円
容量2:
10 μg
価格2:
15,000円
アプリケーション略称の説明
WB:ウェスタン・ブロッティング

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品概要

製品コード 18985
製品名 Anti- α2, 6-Sialyltransferase (C) Rabbit IgG Affinity Purify
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
アプリケーション WB
免疫抗原 α2, 6-シアル酸転移酵素C端部分合成ペプチド
(CDQVDIYEFLPSKRKTDV) (ヒト、マウス、ラット共通部分)
精製方法 抗原ペプチドによる特異精製
特異性 ヒト、マウス、ラットのα2, 6-シアル酸転移酵素に反応
包装形態 1 % BSA, 0.05 % NaN3含有PBS 1.0 mLに溶解したものを凍結乾燥
保管 2~8℃
毒物劇物 該当
カルタヘナ 非該当
容量1 100 μg
価格1 58,000円
容量2 10 μg
価格2 15,000円
備考1 商業製品の原料としてお求めの場合、当社の許可が必要となります。

製品説明

製品説明

アルツハイマー病の患者の病理組織像を特徴づけているのは、老人斑と神経原繊維変化の2つであり、老人斑の形成が先行するため、これが初期病変であると考えられています。老人斑はアミロイドβペプチド (Aβ) の蓄積により形成されることが知られています。Aβペプチドはアミロイド前駆体タンパク質 (APP) が2種類のタンパク質分解酵素によって切断されて生じます。最初の切断を行なうのがβセクレターゼ (BACE1)であり、2番目の切断を行なうのがγセクレターゼです。これらの阻害剤はより安全なアルツハイマー治療薬になりうると考えられています。近年、糖鎖の生合成に関わる糖転移酵素 (α2, 6-Sialyltransferase, α2, 6-シアル酸転移酵素) もBACE1による切断を受けることが明らかにされました。同時に切断部位が同定され、結果としてラットでは切断型α2, 6-シアル酸転移酵素 (E41 Form) を産生することが明らかにされました。