製品検索

#50161 Tauタンパク-IBL

  • #50161 Tauタンパク ELISA
使用用途:
体外診断用医薬品
測定対象:
ヒト
対象検体:
脳脊髄液
測定範囲:
17.2~1100pg/mL(別売品:Tauタンパク-IBL用 標準品・コントロールセットの濃度による)検体は測定操作により4 倍希釈されますので、測定範囲は4 倍を乗じて、68.8~4400pg/mL となります。
容量1:
96 Well
価格1:
ご照会

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品コード 50161
製品名 Tauタンパク-IBL
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 体外診断用医薬品
測定対象 ヒト
対象検体 脳脊髄液
測定範囲 17.2~1100pg/mL(別売品:Tauタンパク-IBL用 標準品・コントロールセットの濃度による)検体は測定操作により4 倍希釈されますので、測定範囲は4 倍を乗じて、68.8~4400pg/mL となります。
一次反応 2~10℃ 17~24時間放置
ニ次反応 2~10℃ 30分間放置
感度 標準液17.2 pg/mLと標準液0 pg/mLの吸光度差は0.01以上
保管 2 ~ 10 ℃
毒物劇物 非該当
カルタヘナ 非該当
測定サービス あり
容量1 96 Well
価格1 ご照会
備考1 【包装単位】
抗体プレート 96ウエル × 1
標識抗体濃縮液 0.4mL × 1
希釈用緩衝液 30mL × 1
標識抗体用希釈液 12mL × 1
TMB基質液 15mL × 1
停止液 12mL × 1
濃縮洗浄液 50mL × 1


【別売品(一般試薬)】
#50162 Tauタンパク-IBL用 標準品・コントロールセット
・標準品 0.5mL用×2(濃度はラベルに記載)
・コントロールH 1.0mL用×2(濃度はラベルに記載)
・コントロールL 1.0mL用×2(濃度はラベルに記載)

製品説明

【使用目的】
ヒト脳脊髄液中のタウ蛋白濃度の測定(クロイツフェルト・ヤコブ病及びアルツハイマー型認知症の診断の補助に用いる)

【測定原理】
本品はヒト脳脊髄液中のタウ蛋白濃度をELISA(酵素免疫測定法)により測定するキットです。抗体プレートに検体を添加することで、検体中のタウ蛋白と抗体プレートに固相化された固相抗体(抗Tau441 モノクローナル抗体(ラット))が抗原抗体反応により固相抗体-タウ蛋白の複合体を形成します(一次反応)。洗浄後、標識抗体(HRP(ホースラディッシュ・ペルオキシダーゼ)標識抗Tau441 モノクローナル抗体(ラット))を添加することで固相抗体-タウ蛋白-標識抗体の複合体が形成されます(二次反応)。再度洗浄後、TMB 基質液を加えて発色させます。停止液にて反応停止後、この発色の吸光度を測定することにより、タウ蛋白濃度が求められます。

【特⻑】
・脳脊髄液中のタウ蛋白(総タウ蛋白・Total Tau)を特異的に測定します。
・共存物質の影響が少ない測定試薬です。
・保険点数D004 15 タウ蛋白(髄液)641点を算定できます。 
 (保険適用 令和元年11月13日 収載)
 
#50162 Tauタンパク-IBL用標準品・コントロールセットのデータシート


Keywords:
Tau / タウ / Tauタンパク / Tau蛋白 / Total Tau / トータルタウ / Alzheimer's Disease/ アルツハイマー