製品検索

#28127 Anti-Mouse C-ERC/Mesothelin (308) Rabbit IgG Affinity Purify

  • WB
  • Sample; Wild type mouse
使用用途:
研究用試薬
アプリケーション:
WB, IHC
容量1:
50 μg
価格1:
58,000円
容量2:
5 μg
価格2:
15,000円
アプリケーション略称の説明
WB:ウェスタン・ブロッティング
IHC:免疫組織化学

※ 診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品概要

製品コード 28127
製品名 Anti-Mouse C-ERC/Mesothelin (308) Rabbit IgG Affinity Purify
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途: 研究用試薬
アプリケーション WB, IHC
検出対象 マウス
免疫抗原 Mouse C-ERC/Mesothelinの部分合成ペプチド(KEPYKVDEDLIFYQNWELEA)
精製方法 抗原ペプチドによる特異精製
包装形態 1 % BSA, 0.05 % NaN3含有PBS 0.5 mLに溶解したものを凍結乾燥
保管 2~8℃
毒物劇物 該当
カルタヘナ 非該当
容量1 50 μg
価格1 58,000円
容量2 5 μg
価格2 15,000円
備考1 商業製品の原料としてお求めの場合、当社の許可が必要となります。

製品説明

製品説明

Ercは腎がん発症モデルRat (Eker Rat)の腎がん細胞において、正常腎臓と比べ高発現している遺伝子として同定されたものです。このヒトHomologueは、MPF (megakaryocyte potentiating factor)やMesothelinと呼ばれ、特に中皮細胞で発現がみられるタンパク質です。この分子は中皮腫との関わりが示唆されており、腫瘍マーカーとしての意義が予想されます。ヒトにおいてはその他にも膵癌、卵巣癌、肺癌などとの関わりが示唆されています。ERCは全長分子量約71 kDaのGPIアンカー型膜タンパク質として発現しますが、furin様プロテアーゼによって消化されるといわれており、その結果約N末側の約31 kDaと、C末側約40 kDaの断片となります。我々は、これらの断片を個々に検索することがERC発現解析において有用であると考え、それぞれをN-ERC/ Mesothelin、C-ERC/ Mesothelinとしています。 本製品は、マウスの C-ERC/Mesothelinを特異的に認識する抗体です。