製品検索

#27708 Mouse/Rat Intact Proinsulin CLEIA Kit - IBL

  • 27708 Mouse/Rat Intact Proinsulin CLEIA Kit
  • 27708 Mouse/Rat Intact Proinsulin CLEIA Kit
  • 27708 Mouse/Rat Intact Proinsulin CLEIA Kit
  • 27708 Mouse/Rat Intact Proinsulin CLEIA Kit
  • 27708 Mouse/Rat Intact Proinsulin CLEIA Kit
  • 27708 Mouse/Rat Intact Proinsulin CLEIA Kit
  • 27708 Mouse/Rat Intact Proinsulin CLEIA Kit
  • 27708 Mouse/Rat Intact Proinsulin CLEIA Kit
使用用途:
研究用試薬
測定方法:
CLEIA
測定対象:
マウス, ラット
対象検体:
血清, EDTA-血漿, ヘパリン血漿
測定範囲:
9 ~ 6,480 pg/mL (1 ~ 720 pmol/L)
容量1:
96 Well
価格1:
98,000円

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品コード 27708
製品名 Mouse/Rat Intact Proinsulin CLEIA Kit - IBL
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
測定方法 CLEIA
標識 ALP
測定対象 マウス, ラット
対象検体 血清, EDTA-血漿, ヘパリン血漿
測定範囲 9 ~ 6,480 pg/mL (1 ~ 720 pmol/L)
一次反応 2 ~ 8°C Overnight
ニ次反応 室温 120分間
保管 2~8°C
毒物劇物 非該当
カルタヘナ 非該当
測定サービス なし
容量1 96 Well
価格1 98,000円

製品説明

プロインスリンは、膵臓のランゲルハンス島β細胞で合成されるインスリンの前駆体です。
β細胞の粗面小胞体で合成されたプロインスリンのほとんどは、分泌顆粒内に蓄えられます。プロインスリンは、プロホルモン変換酵素(PC2およびPC3)の働きにより、21アミノ酸のA鎖と30アミノ酸のB鎖からなるインスリンと、33アミノ酸のC-ペプチドに切断され、ブドウ糖などの分泌刺激により血中に放出されます。
しかし、一部のプロインスリンは分泌顆粒に入らず、プロセシングを受けずにインタクト(全長型) プロインスリンとして持続的に血中に分泌されています。
β細胞が機能障害を起こすとプロセシング異常が起こり、プロインスリンの割合が高くなることから、プロインスリン/インスリン比(P/I比)は膵β細胞の機能障害の指標として知られています。
このP/I比は空腹時の血液で検査できることから、負荷試験を伴わない膵β細胞評価法として有用であると考えられています。
本CLEIAキットは、幅広い測定範囲を持ち、低濃度である空腹時および負荷後のインタクトプロインスリンを10µLの検体量で測定することができます。




Keywords:
GIP / GLP-1 / Insulin / Incretin