製品検索

#18681 Anti-Human TIMP-1 (T-172) Rabbit IgG Affinity Purify

使用用途:
研究用試薬
アプリケーション:
WB
容量1:
100 μg
価格1:
48,000円
アプリケーション略称の説明
WB:ウェスタン・ブロッティング

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品コード 18681
製品名 Anti-Human TIMP-1 (T-172) Rabbit IgG Affinity Purify
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
アプリケーション WB
検出対象 ヒト
免疫抗原 TIMP-1 protein の部分 (177-188) の合成ペプチド
精製方法 抗原ペプチドによる特異精製
特異性 Recombinant TIMP-1 にて確認
包装形態 1% BSA,0.05% NaN3 含有PBS 1.0 ml に溶解したものを凍結乾燥
保管 2~8℃
毒物劇物 該当
カルタヘナ 非該当
容量1 100 μg
価格1 48,000円
備考1 商業製品の原料としてお求めの場合、当社の許可が必要となります。

製品説明

Tissue Inhibitor of Metalloproteinase 1 (TIMP-1)は、マトリックスメタロプロテイナーゼ (matrix metalloproteinase:MMP)と同時に産生される内因性特異的インヒビターであり、活性型MMPを阻害して細胞外基質 (extracellular matrix:ECM)分解を制御し、中間型から活性型への変換も阻害します。また、TIMP-1は、活性型MMPだけでなく潜在型MMPとも複合体を形成します。とくに潜在型MMP-9とは、C末端ドメイン同士の親和性により結合します。細胞外基質分解はがん細胞が浸潤・転移する際に必須のステップであり、がん細胞は組織内を浸潤する際に細胞表層にプロテアーゼを集め、周辺の細胞外基質を分解するといわれています。