製品検索

#10027 Anti-Human Amyloidβ (11-28) (12B2) Mouse IgG MoAb

  • WB
  • ヒト 脳(アルツハイマー病)
使用用途:
研究用試薬
アプリケーション:
WB, IP, IHC
容量1:
50 μg
価格1:
65,000円
容量2:
5 μg
価格2:
15,000円
アプリケーション略称の説明
WB:ウェスタン・ブロッティング
IP:免疫沈降
IHC:免疫組織化学

※ 使用用途に「研究用試薬」と記載がある場合は、診断や医療目的に用いることはできません。
※ 掲載のデータシートは見本です。ご使用の際には物品同梱のデータシートをご確認ください。

製品概要

製品概要

製品コード 10027
製品名 Anti-Human Amyloidβ (11-28) (12B2) Mouse IgG MoAb
メーカー名 株式会社免疫生物研究所
使用用途 研究用試薬
アプリケーション WB, IP, IHC
検出対象 ヒト
免疫抗原 Human Amyloidβ (11-28) 部分合成ペプチド
起源 マウス×マウス ハイブリドーマ(X63-Ag8.653×BALB/cマウス脾臓細胞)
クローン名 12B2
サブクラス IgG1
精製方法 抗原特異精製
特異性 ヒト Amyloidβ (1-40), (1-42), (1-43) すべてと反応
包装形態 1 % BSA,0.05 % NaN3含有PBS 0.5 mLに溶解したものを凍結乾燥
保管 2~8℃
毒物劇物 該当
カルタヘナ 非該当
容量1 50 μg
価格1 65,000円
容量2 5 μg
価格2 15,000円
備考1 商業製品の原料としてお求めの場合、当社の許可が必要となります。

製品説明

製品説明

アルツハイマー病は1907年ドイツの神経病理学者A. Alzheimerによって最初に報告され、現在では老人性認知症の最も大きな原因となっています。アルツハイマー病の脳に多く現れる老人斑はアミロイドベータ(Aβ)タンパク質によって構成されています。Aβは40~43アミノ酸からなるペプチドで、β-およびγ-セクレターゼの働きにより、前駆体タンパク質APP(695, 751または770アミノ酸からなる膜タンパク質)から切り出されてくるといわれています。Aβの3番目のグルタミン酸がピロール化されたAβ(N3pE) が、老人斑で認められる新しいAβ分子として発見され、その役割について興味が持たれています。